antiguate’s diary

グアテマラ好きの旅人です。中南米やアジアの思い出を綴ります。

ナムチェ・バザール

シェルパ族の里 ナムチェ・バザール。

樹林帯を抜けたところ、標高 3400m以上である。

ここまで来ると、エベレストに近づいた気がしてくる。

20230120075128

すり鉢の一部のような段々畑に家が立ち並ぶ。

ナムチェにはチベタン・バザールという青空市場もある。

シェルパ族は、チベット動乱を避けて東部チベットから移住した民族。

エベレストの登頂のサポートで有名である。

20230120075132

早朝にエベレスト山群をのぞむ。

ナムチェからはコンデ・リが眺望できる。

朝のほうが空気は澄んでいる。

早起きは三文の徳。

20230120075137

中央下はガイド(サーダー)のアン・カミさん。

日本人と結婚されていた。

「カミ」は、ネパールの不可触民のカースト集団の名前と言われていた。

日本で女性に「くま」とかつけた感じであろうか。

トレッキングのスタッフには、キッチンボーイがいる。

朝に「チヤー」と温かいミルクティを出してくれる。

紅茶にミルクは苦手だったのだが、ネパールで飲めるようになった。

チベタンティー(バター茶)は、どうしても苦手だが。

【Yahoo!トラベル】取り扱い施設数が約17000施設!!国内最大級宿泊予約サイト

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村