antiguate’s diary

グアテマラ好きの旅人です。中南米やアジアの思い出を綴ります。

インカの起源 チチカカ湖 タキーレ島

インカの起源神話にはいくつか異説がある。

ペタンソスによると、創造神ウィラコチャが人間と世界をつくったという。

(図説 インカ帝国 フランクリン・ピース)

ウィラコチャは、チチカカ湖畔のティワナクに間たちの見本を石で作ったという。

チチカカ湖は、ボリビアとペルーの国境にまたがっている。

標高3800mぐらいの高地である。

チチカカ湖で一番有名なのがタキーレ島。

この島の織物が世界無形文化遺産になっているという。

プーノから船で2時間半程度。

船着場からは山のほうに向かって登っていく。

織物を展示している小さい施設もあった。

独特の織物が美しい。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

おせちの予約でおまけをもらう

本日は、ほんの小さな喜びを書く。

中南米でもアジアでもないので、読み飛ばしていただきたい。

今年もまだ新型コロナウィルスを気にせねばならない。

年末年始も近づいてきた。

やっぱり、おせちを予約しよう。


 

ああ、今日が早期割引の締め切りだ!

急げ、とばかりにおせちの予約を近所のスーパーで行う。

年末年始の宅配業者はアルバイトが多くてトラブルが多い。

店頭受け取りが安心だ。

割引もポイントももらってお得な気分。

さあ帰りましょとサービスカウンターを離れようとした。

「お客様、おせち予約の方には景品があります」

ラップでもくれるのかな?

売り場にいた店員が「おもち持っていきます!」と走ってくる。

サトウの切り餅だ。結構どっさり。

いきなりお正月気分となったささやかなしあわせの話。

滋賀県産の高級バージョンもあるのだね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大津市情報へ
にほんブログ村

 

 

チチカカ湖へ プーノ

プーノはfeo(醜い、良くない)だと言われたけれど、チチカカ湖へは行きたい。

クスコからプーノへは豪華列車ペルーレイルに乗った。

マチュピチュまでは徒歩の旅だったが、これはファーストクラス。

ただ当時は車両が安定していなかった。ジャンピングしていた気がする。

入れもらったコーヒーが振動でこぼれていた。

今はもっと快適なんだろうね。

プーノはほどほどにチチカカ湖観光へ。

ボリビアはすぐそこ。

先住民が多くてすすけた街並みだった。

そろそろ旅に疲れていたかもしれない。

にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

貸だなを借りてみた in SELFBOOKS

近くのショッピングモールにSELFBOOKSという無人書店がある。

普段はお店の人はいない。

会員になると、入店用のセキュリティコードがもらえる。

いつでも、自由に本を見たり買ったりできる。

https://selfbooks.space/

いくつかの古書店が選りすぐりの古本も置いており、貸し切りの図書館のよう。

個人用に貸し棚もあって、自分の選んだ本を置くこともできる。

自分でもちょっとだけ借りてみた。

2か月単位で借りることができる。

めるかど アンティグア in SELFBOOKS – mercado antigua

北村薫の本や石牟礼道子の文庫、新書を置いてみる。

いきなり古本屋に持っていくよりは、本好きの方に見てもらえたらな。

渋いところでは、「さびしがりやのクニット」がおすすめ。


 

ムーミンでおなじみの作家である。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大津市情報へ
にほんブログ村

アグアスカリエンテス 温泉

マチュピチュからつづら折りの道を降りてくる。

徒歩なので、バイバイボーイと同じようにショートカットしながら下る。

バスを待てなかったのか、節約したかったからか、歩いて降りた。

ふもとの街はアグアスカリエンテス(温泉)である。

中南米は火山国が多いため、温泉も結構ある。

日本とは違って水着着用で入ることも多い。

貸風呂のように個室になっていると好きにできる。

ここでは温水プールのような感じで入った。

極楽、極楽。

これで本当にマチュピチュへのインカトレイル旅行は終わり。

にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

マチュピチュ観光の後は?

マチュピチュでアルゼンチン人のみんなとガイドさん記念撮影。

3泊4日一緒にトレッキングすると仲間意識が芽生える。

山登りの不思議だね。みんなフレンドリーで面白かった。

アルゼンチンの休暇時期にあたっていたのはたまたま。

複数のアルゼンチン人のグループに偶然入れてもらった。

日常会話程度のスペイン語なので、率直にしゃべらざるを得ず。

チチカカ湖のほとりのプーノに行くと話すと、

”Puno es feo!” プーノなんか良くないよ!って言われた。

遠慮ないんだよね。それが楽しかった。

ポーターとの競争も刺激的だった。

さて、マチュピチュ観光の後は、アグアスカリエンテスだ!

温泉だ!

にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

インティワタナ 太陽をつなぎとめる石

どいつ遺跡の中で最も高く見晴らしがよいところにある。

インティ・ワタナ「太陽をつなぎとめるもの」

高さは1.8mで自然石を削って作られている。

中央に突き立っている36cmの角柱。

東西南北を指しており、柱の対角線を太陽が冬至に通過するという。

インカは太陽暦を使用していた。

日食で太陽が消えないように儀式をおこなった?

日時計に使われたという説もある。

マチュピチュには巨大な自然石を削って作ったものが多い。

その技術にうなってしまう。

日本で言ったら近江の穴太衆だろうか。

ちなみに今村翔吾さんの塞王の楯も穴太衆を描いている。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村