antiguate’s diary

グアテマラ好きの旅人です。中南米やアジアの思い出を綴ります。

チチカカ湖 洪水伝説

インカの起源伝説に洪水伝説がある。

その舞台となっているのが、チチカカ湖である。

シエサ・デ・レオンによると、

インカの現れるすっと以前に、諸地方にはたくさんの人々が住んでいたが、そこに非常に大きな洪水と嵐がやってきて、・・・

あらゆる土地が水に覆われ、すんべ手の高い山々の峰も水に洗われたので、人間は全く死に絶えた。(ペルー史)

洪水の後に人間が出現するのである。

ホアン・デ・ベタンソス(最後のインカ皇帝の妹と結婚したスペイン人)によると、

ウィラコチャという創造神が、はじめ天と地を創り、それから人間を作ったのだが、・・・何人かの従者とともにチチカカ湖畔のティワナクに姿を現し、人月と星を創ったうえで、不誠実な人間たちを石に変えてしまった。そして新たに人間の創造にとりかかった。

チチカカ湖は標高3800mの高地。

世界で最高高度で運行する汽船であるという。

富士山の上に船があるわけです。

そこがペルーとボリビア国境でもある。

世界は、アンデスは、広い。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

チチカカ湖 ウロス島

標高3800mの天空の湖 チチカカ湖

その中でもおもしろいのがウロス島である。

プーノ(ケチュア語で「ピューマの石」)の船着場から40分程度。

島というよりは、トトラという葦であんだ浮島なのだが。

このトトラの浮島一帯をウロス島という。

上陸するのは、いかにもツアー用になっている浮島。

しっかり土産物も売っている。

観光としては楽しい。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

チチカカ湖 タキーレ島の織物

車がないタキーレ島。

てくてくと島を登って中央の広場へいく。

タキーレ島の織物は、世界無形文化遺産となっている。

羊毛から糸を紡いで織物をおる。

男性も編み物を仕事としてする。

この独特の模様には意味があるそうだ。

なんだったかは忘れてしまった!

土産物としてはミサンガがよく売られていた。

日本でもエスニック専門店で見かけるような模様だ。

本場のほうがしぶくて味わいがある。

にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

インカの起源 チチカカ湖 タキーレ島

インカの起源神話にはいくつか異説がある。

ペタンソスによると、創造神ウィラコチャが人間と世界をつくったという。

(図説 インカ帝国 フランクリン・ピース)

ウィラコチャは、チチカカ湖畔のティワナクに間たちの見本を石で作ったという。

チチカカ湖は、ボリビアとペルーの国境にまたがっている。

標高3800mぐらいの高地である。

チチカカ湖で一番有名なのがタキーレ島。

この島の織物が世界無形文化遺産になっているという。

プーノから船で2時間半程度。

船着場からは山のほうに向かって登っていく。

織物を展示している小さい施設もあった。

独特の織物が美しい。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

チチカカ湖へ プーノ

プーノはfeo(醜い、良くない)だと言われたけれど、チチカカ湖へは行きたい。

クスコからプーノへは豪華列車ペルーレイルに乗った。

マチュピチュまでは徒歩の旅だったが、これはファーストクラス。

ただ当時は車両が安定していなかった。ジャンピングしていた気がする。

入れもらったコーヒーが振動でこぼれていた。

今はもっと快適なんだろうね。

プーノはほどほどにチチカカ湖観光へ。

ボリビアはすぐそこ。

先住民が多くてすすけた街並みだった。

そろそろ旅に疲れていたかもしれない。

にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

アグアスカリエンテス 温泉

マチュピチュからつづら折りの道を降りてくる。

徒歩なので、バイバイボーイと同じようにショートカットしながら下る。

バスを待てなかったのか、節約したかったからか、歩いて降りた。

ふもとの街はアグアスカリエンテス(温泉)である。

中南米は火山国が多いため、温泉も結構ある。

日本とは違って水着着用で入ることも多い。

貸風呂のように個室になっていると好きにできる。

ここでは温水プールのような感じで入った。

極楽、極楽。

これで本当にマチュピチュへのインカトレイル旅行は終わり。

にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

マチュピチュ観光の後は?

マチュピチュでアルゼンチン人のみんなとガイドさん記念撮影。

3泊4日一緒にトレッキングすると仲間意識が芽生える。

山登りの不思議だね。みんなフレンドリーで面白かった。

アルゼンチンの休暇時期にあたっていたのはたまたま。

複数のアルゼンチン人のグループに偶然入れてもらった。

日常会話程度のスペイン語なので、率直にしゃべらざるを得ず。

チチカカ湖のほとりのプーノに行くと話すと、

”Puno es feo!” プーノなんか良くないよ!って言われた。

遠慮ないんだよね。それが楽しかった。

ポーターとの競争も刺激的だった。

さて、マチュピチュ観光の後は、アグアスカリエンテスだ!

温泉だ!

にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村